ホームページ更新・はじめの一歩
(1)何から始めますか?

「ホームページの更新はキミに任せたから!」
 なんていきなり言われても……。
プレッシャーだなぁ。
 いったい何から手を付けたらいいんだろう?

まずは自社の商品・サービスをよく理解することです。

ホームページの更新をまかされた!
その時、あなたは何から手を付けますか?
アクセス解析?
SEO対策?
あるいはアクセスアップを狙っての広告?
それぞれに重要な取り組みでありますが、それより何より肝心なものがあります。
それは「自社の商品・サービスをよく理解する」ということです。
 
「自分の会社が扱っている商品なんだから、言われるまでもなく知ってるよ」と言うかも知れません。
しかしながらここでいう「理解する」とは自社が何を作っている・売っている・提供しているかという話ではなく、その商品・サービスがなぜ必要とされ市場に受け入れられているのか、ということです。

なぜ市場に求められているのか、考えてみましょう。

あなたの会社の商品やサービスとそれを取り巻く市場について、もっともよく理解しているのは誰でしょうか?
それは、営業や販売に関わる人々です。
 
お客様は何に困っておられるのか?
どんな相談を受けるのか?
どんな売り込み方がよいか?
その商品のどこがウケているのか?
どんなライバルがいて、どうやって違いを出しているか?
 
会社の収益を支える商品・サービスについて、いろいろな角度から疑問を持って聞き出してみましょう。
自分で商品やサービスを利用してみるのも、いいかも知れません。

市場に必要とされている理由、それはあなたの会社が持つ強みです。
これを理解しているといないとでは、ホームページを使って発信できる内容にも大きな違いが出ます。
ぜひこの機会に整理してみてください。

強みが見えたら、次にやることは?

さて、強みが見えてきたら今度は戦略を練ってみましょう。
強みを“魅力”として打ち出していくのです。
いちばん手っ取り早いのは、ライバル企業のウェブサイトが打ち出せていない要素にクローズアップすること。

価格、品質、デザイン、品揃え、希少性、対応スピード、アフターサービス……とさまざまな角度から自社の強みを拾い上げ、いざ見つかったら今度はそれをできるだけ分かりやすく伝わりやすく、噛み砕いていきます。
 
何がどういうふうにお客様の役に立てるのか? という視点を持ちながらライバルと比較することで、自社の商品・サービスについてさらに詳しくなります。

そうしてはじめて、お客様にとって有益な情報を提供したり、タイムリーな発信ができるようになります。

これにより、従来からのお客様にあらためてアピールできるだけでなく、新しいお客様の目に留まる機会も増えていきます。

今回のまとめ

このようにみずから行動を起こして、周囲に協力を仰ぎつつ自社とその事業に対する理解を深めていくこと。
これが、自社サイト運営の第一歩です。
 
あらかじめ情報収集をしておくことは、何について、どれだけ、どんなペースで、といった発信内容の配分ができるようになることにも繋がり、後が楽になります。
あせらずに、少しずつでも良いので着実に準備を進めていってください。