知っておきたいランディングページの基礎知識

ライティング
『ランディングページ』という言葉をご存じですか?

インターネット広告などに興味がある方は一度は聞いたことがあるかと思います。また、最近さまざまな業種でもランディングページの重要性が再認識されており、いろいろな記事で目にすることがあるのではないでしょうか。
 
今回は、ランディングページについての基礎的な知識をご紹介します。

ランディングページとは?

ランディングページを直訳すると、”着陸するページ”です。
 
一般的なランディングページをすでにご存じの方は、この直訳に違和感を抱いた方も多いのではないでしょうか。
 
ランディングページには、本来の意味である「着地ページ」と、「1ページ完結型の縦長のページ」という2種類の意味があります。

ランディングページの2つの意味

広義のランディングページ
1.広義のランディングページ
 
1つ目の意味は「サイト訪問者が外部から、最初に訪問したページ」のことを指します。
 
最初にアクセスしたのがトップページでも、お問い合わせページでも「最初」に訪問したページであればそれが、ランディングページ(着地ページ)ということになります。
 
Googleアナリティクスなどのアクセス解析では、こちらの広義の意味で使用されています。
 
狭義のランディングページ
2.狭義のランディングページ
 
2つ目は「広告用に制作する、縦長の1ページで完結するページ」のことを意味します。
 
一般的にランディングページ(LP)というと、狭義のランディングページの意味で使用することが多くなっています。
 
 

ここから先は狭義のランディングページについて、普通のWebサイトとどのように違い、どのようなメリットがあるのかをご紹介いたします。
 

ランディングページの3つの特徴

. サイト訪問者の需要に応えた情報を提示できる
 
通常のWebサイトは、さまざまな人々に訪問いただくため多くの情報を掲載していますので、検索キーワードにおいても広く浅くなりがちです。
 
検索キーワードによりサイト訪問者の需要も大きく変わります。
ランディングページの構成を考える場合、ターゲットを狭めて作成します。
情報を絞って掲載するので、効果の高いアプローチの実現が可能になります。
 
2. 見てもらいたい情報に訪問者をダイレクトに誘導できる
通常のWebサイト
通常のWebサイト<複数のページが存在するページ>
ランディングページ
ランディングページ<縦長の1ページで完結するページ>
通常のWebサイトは複数のページを使って情報を網羅するので、情報が見逃されてしまうという欠点があります。
しかし、ランディングページは下にスクロールして見るので導線がはっきりしています。
ストーリー性を持たせ、視線を誘導させることで、サイト訪問者の離脱を防ぐことでコンバージョン達成に繋げることが可能になります。
 

3.1つのコンバージョンに特化した対策をすることができる
 
コンバージョン達成に特化しているため、特定の訪問者にアピールできる派手なデザインであることが多いのも特徴です。
また、スムーズに縦長のページをスクロールしてもらえるように文章(テキスト)よりも画像を積極的に活用しているサイトが多いという特徴もあります。
 

 
以上のことからランディングページはコンバージョン達成に効果的ですが、反対にデメリットも存在します。

情報を限定し、ターゲットを絞ることが可能であるということは、サイト訪問者の需要に沿わなければ意味がありませんので、そのための対策が必要になってきます。
また、画像を多く使用することでインパクトを重視し、文字を画像化することが多いため、SEOに弱いという欠点があります。

まとめ

サイト制作の目的や成果を明確にし、コンバージョンによって通常のWebサイトと複合的に使い分けることが、価値あるランディングページをつくるうえでは重要だと言えます。
 
当社でも2016年10月にランディングページを作成できる「おりこうブログDS スペシャルページ」作成機能を発売いたしました。

ご自身でストーリー性を持ったコンテンツをランディングページとして作成できるものになっております。
 
また、おりこうブログDSのスペシャルページでは、ランディングページ特有のデメリットに対した対策も取られております。
 
サイト開設目的の達成のために、ランディングページの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

スペシャルページ機能を試してみよう!

 おりこうブログDS無料体験版に申し込む!
TEL. 050-3816-0075
おりこうブログDSのスペシャルページ機能でランディングページをつくってみませんか。
「注意事項」をご確認のうえ、フォーム、または電話にてお申し込みください!