気をつけていますか?著作権について

気をつけていますか? 著作権について
ホームページを更新される際、いろいろな著作権について気をつけていますか?
以前、画像掲載時の著作権の基礎知識をご紹介しましたが、なんとなく分っているつもりでも、見落としがちな著作権について今回は具体的な例を挙げながら説明したいと思います。

そもそも『著作権』とは?

著作権は、小説、音楽、絵、写真、映画等の作者や制作者に認められる独占的権利です。日本では、これらを創作した時点で、自動的に創作した人(著作者)が権利を所有します。権利を得るための申請は不要です。
 
権利の種類については以下の通り細かく分類されています。

著作者の人格権(著作者の人格的利益を保護する権利)

公表権(18条)
未公表の著作物を公表するかどうか等を決定する権利
氏名表示権(19条)
著作物に著作者名を付すかどうか,付す場合に名義をどうするかを決定する権利
同一性保持権(20条)
著作物の内容や題号を著作者の意に反して改変されない権利

著作権(財産権)(著作物の利用を許諾したり禁止する権利)

複製権(21条)
著作物を印刷,写真,複写,録音,録画その他の方法により有形的に再製する権利
上演権・演奏権
(22条)
著作物を公に上演し,演奏する権利
上映権(22条の2)
著作物を公に上映する権利
公衆送信権等(23条)
著作物を公衆送信し,あるいは,公衆送信された著作物を公に伝達する権利
口述権(24条)
著作物を口頭で公に伝える権利
展示権(25条)
美術の著作物又は未発行の写真の著作物を原作品により公に展示する権利
頒布権(26条)
映画の著作物をその複製物の譲渡又は貸与により公衆に提供する権利
譲渡権(26条の2)
映画の著作物を除く著作物をその原作品又は複製物の譲渡により公衆に提供する権利(一旦適法に譲渡された著作物のその後の譲渡には,譲渡権が及ばない)
貸与権(26条の3)
映画の著作物を除く著作物をその複製物の貸与により公衆に提供する権利
翻訳権・翻案権等
(27条)
著作物を翻訳し,編曲し,変形し,脚色し,映画化し,その他翻案する権利
二次的著作物の利用に関する権利(28条)
翻訳物,翻案物などの二次的著作物を利用する権利
 
これらの権利を侵してしまうと著作権侵害となり、法的に罰せられることもあります。

実際によくある例

画像の無断利用
ご自身で撮影・制作された画像でない場合、著作権の所在について確認する必要があります。
利用が許可されているもの、されていないものがあるため、不確定なものについては使用を避けましょう。また、素材サイトの画像を利用する場合でも、サイトの利用規約をきちんと読み、規約に則って利用しましょう。
 
テレビ取材を受けた際の動画を掲載
たとえ動画に写っているのがご自身の場合でも、著作権は製作者側にあります。
ホームページ内に利用する場合には事前に許可を得ることが必要です。
 
写真の背景に著作物が写り込んでいる
自分で撮影したものでも注意が必要です。背景や身の回りにある著作物を写し込んだ場合、商用利用ができないこともあります。
例えば、有名なテーマパークや美術館などにおいては撮影自体は許可されていても、ホームページに利用することは許可されていない場合が多いようです。

許可なく利用できることも!

著作権法(第三十二条)により、一定条件下においての引用に関しては著作者の許可なく自由に利用することができます。
 
引用における注意事項
(1)他人の著作物を引用する必然性があること。
(2)かぎ括弧をつけるなど,自分の著作物と引用部分とが区別されていること。
(3)自分の著作物と引用する著作物との主従関係が明確であること(自分の著作物が主体)。
(4)出所の明示がなされていること。(第48条)
 
ただし、これらの4つの条件が揃わない場合、引用と認められず、盗用や転載と判断されてしまいます。
 

まとめ

SEO対策の観点から見ても、オリジナルの文章やコンテンツを掲載いただくことが非常に重要なポイントとなります。また、やむを得なく他者が創作した文章や画像、音楽などの著作物を引用する場合には著作権を侵害していないか十分な配慮が必要です。 
インターネット上のルールを守り、安全なホームページ作りを行いましょう。