iPhoneのカメラを使用した撮影テクニック!

おりこうブログDSやブログ更新アプリなどで、スマートフォンで撮影した写真をそのままホームページの更新に利用される方も多いかと思います。最近のスマートフォンのカメラの性能は非常によくなっており、デジカメと同じくらいきれいな写真が撮れる場合も。今回は国内のスマートフォンの中でも使用率が高い、iPhoneのカメラを使った撮影テクニックをご紹介いたします。

1.明るさやピントを調節する

before
after
ぼやけている箇所や、明るさを調節したい箇所をタップしするとピントが合います。
 
※全体的に暗い場合は黄色い枠線の太陽のマークを上にスライドさせると画面が明るくなります。

2.グリッドを使用する

before
after

グリッドは、写真の構図を決める目安として使います。

画面上に出ている線を参考に、位置を合わせバランスのとれた写真が撮影できます。

詳細はコチラをご確認ください。

今すぐ使える! 写真撮影のちょいテク(その1)

 

グリッド線の表示は「設定」→「写真とカメラ」内の「グリッド」でオンにしましょう。

3.HDR(ハイダイナミックレンジ)を利用する

通常撮影
HDR撮影
HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、明度差を広く取って、肉眼での見た目に近い画像に合成する機能のことで、3枚の写真を連写し、それを合成することでより自然な画像に仕上げています。
 
今まで逆光はなるべく避けられていたかと思われますが、HDRモードでは、逆光や夕日・夜景などが通常よりもきれいに撮れます。(参考画像でも太陽の光がわかりやすくなっています)
 
※環境によっては通常と差が出ない場合もあります。
※HDR撮影で写真が2枚保存されお困りの場合は、「設定」→「写真とカメラ」内の「HDR 通常の写真を残す」をオフにしましょう。

4.ポートレートで背景をぼかそう

ポートレートモードでは、一眼レフカメラなどで撮ったかのように背景をぼかした写真が撮れます。背景がぼけるだけで写真の印象が大きく異なります。
※ポートレート機能はiPhone 7 Plus以降の機能になります。
before
after

5.フィルター加工でおしゃれな写真に!

画面右上に3つの丸が重なったボタンがあり、そこから9つのフィルター越しの写真が確認出来ます。簡単に、アプリを使ったようなおしゃれな写真が撮影できます。
 
ブログなどのページの内容にあわせて、フィルターをかけた画像を掲載してはいかがでしょうか。
ノアール
 
インスタント
プロセス

まとめ

写真の撮り方も少し工夫するだけで、まったく違った印象になり、ページ全体のクオリティが上がる場合があります。iPhoneカメラで手軽にすてきな写真を撮って、ホームページに掲載してみてはいかがでしょうか。