ホームページで認知度を上げる方法

こんにちは、Webディレクターの野口です。
 
弊社のお客様満足度アンケートで、以下のような質問事項があります。

Q1「ホームページ(弊社製品)のご導入目的をお聞かせください。」

こちらの質問の回答で70%以上のお客様は、「認知度拡大」という回答をいただきます。

なぜ、認知度拡大したいのでしょうか?

一般的には、「売上を伸ばしたい、お客様を増やしたい、優秀な人を採用したい」そのために「認知度をあげたい」と思われるのではないでしょうか。
 
そのためにできる方法を簡単にまとめましたので、ご確認ください。

会社の認知度をあげるために

認知度をあげる目的は?

最終的には売上アップが企業としての目的かもしれませんが、それ以外にも、社員満足(社員のご家族、ご親戚へのPR活動)向上や、不特定多数の方の認知度向上による採用活動の促進などが考えられます。
 
多くの場合、地元・地域・ターゲットに対して「認知」され、そのことで「業績が上がった!」「採用がうまくいった!」「お問合わせが増えた!」となることが、ホームページにおいての最終目的なのではないでしょうか。

手間をかける理解と、作り続ける覚悟があるか?

認知度をアップ(最終的に売上アップ)を目指すならば、ホームページを制作するだけでは不十分です。
 
ホームページ=認知度アップならば、ホームページがあるすべての企業や団体の認知度が上がっているはずです。
 
お客様(ターゲット)を分析し、必要とされているページ(コンテンツ)をホームページに掲載し、その内容を拡散させなければなりません。
 
「そんなに掲載するデータや情報は無い」とよく言われるのですが、コンテンツのネタは身近なもので比較的簡単に見つけられます。
 
それは、リアル(店舗・事務所)に有る情報を、そのままネットにありのまま上げること(Web化)なのです。リアル(現実)とバーチャル(ネット)をイコール(=)にしていただくだけです。
 
<例>
・ラーメン屋さんで夏に「冷やし中華はじめました」を店舗では掲載されている、ネットで調べてもでてこない。 = ネットと現実にギャップがあり
 
・店舗では価格を明記しているが、ホームページには価格が表示されていない。=ネットと現実にギャップあり

・ガソリンスタンドにのぼりで「タイヤキャンペーン!」の告知が有るが、ホームページでは記載がない。=ネットと現実にギャップがあり
 
このように、ネットと現実のギャップを無くしていけばいいのです
 
展示会をやったことも、紙の情報も、チラシも、口頭での報告や、ウリのトーク、ご提案書など現実の情報をWeb化していくことで、ページ(コンテンツ)が増えていきます。
 
また、同業の調査や、大手のサイトを見て真似するのもおすすめです。ただし、そのまま完全に真似したり、部分的にでもコピーをしてしまうと著作権の侵害になりますのでご注意ください。
 
いろいろなコンテンツや情報が溜まってくることで、ホームページが充実していき、興味をもってくれる人が増えてきます。
 
サイトで掲載するメリットは、記載した内容がどこかの誰かの役に立つ情報になる!ということと、消さない限り掲載され続ける(ストックされる)ことです!
 
会社・団体にとって、いままで実施してきた活動の情報資産(会社の履歴書)になります。
 
そして、SNSで拡散をしてください。それも、できるだけ多くの方に拡散の協力を依頼しましょう。自社(団体)の認知度アップ(売上アップ)のためです。
 
その拡散は、ローカル(実店舗)でも、ネット(WebサイトやSNS)でもどちらでも必要です。
 
ホームページ運営と活用は、とにかく手間がかかります。また、新しいことも増えてきますので勉強しなければいけませんので、正直な話…面倒です。

逆に考えると、中小企業では本格的に実践し続けれないため、やったもの勝ち」なのです。
 
インターネットを活用して、認知度アップ・売上アップを本気で考えるのなら、手間とコストをかける覚悟が必ず必要になります。
 
それをやるためには、企業の社長・団体の代表が理解し、決定し、指示する必要があるのです。

「決断」「行動」「継続」

認知度を上げるために必要なことは何よりも、「決断」「行動」「継続」の3つです。
 
何もしなければ、現状のままです。
 
「千里の道も一歩から」少しづつでも「決断」「行動」「継続」に移していただき、「認知」されるためのヒントになればと思います。

認知度向上のための活動

【広告関係】
  • TVCMを出す
  • ラジオCMを出す
  • 新聞折り込みチラシを出す
  • 看板(スタイル)を出す
  • バス、電車、タクシーなどのラッピング、ディスプレイ広告をする
  • スポンサーをつける(スポーツ、企業、有名人、芸能人、著名人、個人)
  • ホームページを運用
  • PPC広告を出す
※上記を、ホームページに掲載し、SNSで情報拡散し続ける
 
【ローカル活動(営業活動)について】
  • 新規営業活動、ルート営業活動をする
  • フェア、セミナー、展示会で製品、サービスの紹介を行う
  • まつりに、イベントに協賛、参加する
  • まつりに、参加の際に、共通の服(ハッピ)、のぼり、旗などPRする
  • 地域貢献活動をする
  • 店舗の看板が分かりやすい、目立つようにする
  • 外観がきれい、目立つようにする
  • 何をやっている店舗かわかるようにする
  • 店内をきれいにする
  • 営業マン、店舗接客の教育し良くする
  • TV、ニュース、新聞、雑誌に取上げてもらう活動促進している
※上記を、ホームページに掲載し、SNSで情報拡散し続ける
 
【営業、接客ツールについて】
  • 名刺にWebへ誘導、二次元バーコードを入れる
  • チラシがある(Webへ誘導、二次元バーコードを入れる)
  • 提案書がある(Webへ誘導、二次元バーコードを入れる)
  • カタログがある(webへ誘導、二次元バーコードを入れる)
  • Webカタログを活用し、Webからダウンロードが容易にする
  • 会社案内パンフレットをつくる
  • 価格が書かれたチラシをつくる
  • サービス一覧をつくる
  • アフターサポートの実績、事例をつくる
※上記を営業活動で取り入れて案内し、日々改善している
※上記をホームページに掲載する

まとめ

上記に記載した内容は、認知度拡大のために弊社で行ってきたことや、おりこうブログをご導入のお客様がやってこられた内容を抜粋したものです。
 
ぜひ、実施できる内容から少しずつでも取組んではいかがでしょうか?